リサイクルの気持ちがエコのスタート地点

地球資源があるように振る舞っている家庭が多くなったことでエコしなければなりませんがリサイクルする事です。

リサイクルの気持ちがエコのスタート地点
リサイクルの気持ちがエコのスタート地点

運動のエコは我が国は戦後ありましたがリサイクルも1つです

エコを知っている人は何事も無駄にすることはありませんので問題はありませんが無知な人が多いのが我が国の特徴であります。戦後から復興して現代を迎えていますが資源を保護するという意識をして生活をしている人は多いです。その辛い生活を続けて現代になっていますが戦後20年程で我が国の経済は世界に類のない国になりました。その頃に誕生した人にとっては節約するという言葉を知らない人が多い事です。学校で資源の無い国と学んだのですが、その事に反抗するような動きが国民全体に浸透してしまった事です。

我が国の昔からの特徴で「勿体無い」と言う言葉を使う人が少なくなっている事です。勿体ないを貧乏人と考える人が多い事で、重要な意味のある言葉が風化してしまったことです。そのような事で資源保護が現代は他人事のように聞く人が多くなっています。

我が国は資源の無い貧乏国ですので原料を輸入し、加工して世界に輸出していますが、其の利益で国は成り立っていますが資源を保護するという事を忘れている感じがしますが近年、その動きが表面化されリサイクルと言う言葉の表現で商品などに実践されています、また国民は塵の分別をする事で資源を保護し、リサイクルできる事に徐々に気付くようになりました。その事は我が国だけでなく他の先進国では、既に以前から始められている事です。ヨーロッパは昔から家具などを親の代から引き継ぐという心掛けがありますので資源を保護するという精神があります。

おすすめ情報